クエスト:トール火山の秘密 ゼロから始まるRO生活 

皆さんごきげんよう

今回はトール火山の秘密について解説していきます。

こちらはアルナベルツ教国の陰謀について知るための前段階のクエストとなります。

なお、当記事はクエストのストーリーについて知ってもらうための解説記事です。

クエストクリアだけを目的としているのであれば、下記サイトがおすすめです。

RAGtime

 

それでは本編に入りましょう。

始まりはペインス東側のケインからです。

泣いているようで、事情を聞くとトール火山に兄弟二人で行ったら怖い人たちに襲われて、妹を残して逃げてしまったと言われます。

とりあえずトール火山に行って妹を探しましょう。

トール火山に行くとケイニーを見つけます。

無事でしたが捕まっているようです。

ケイニーを助け出そうとすると足に鎖と錠前がつけられているようです。

鎖を壊すのは無理そうなのでいったん出直しましょう。

一度街に戻って状況を説明し錠前の鍵を作れる人を探します。

商店街に行けば鍵を作ってくれる人もいると言われるので行ってみましょう。

途中地元の青年から、ラヘルやペインスの鍵は全部ロックラックという鍵の名人が作っているという話を聞きます。いつも酔っぱらっているから黄ポーションを持っていくといいよと言われるのでポーションを持っていきましょう。

ロックラックは話通り酔っぱらっているので、酔い覚ましに黄ポーションを渡します。

ある錠に会う鍵を作ってほしいと頼むと鍵の型を取ってくるよう言われます。

型を取るための材料はこのあたりで売っているカメレオン石鹸を使うので持ってきて欲しいと言われます。

すぐ近くでカメレオン石鹸を売っているアイボリのもとに行きましょう。

カメレオン石鹸は形のあるコップに流し込み、しばらくすると、その形に固まる傾向があるようです。

欲しいと頼みますが、今日は売り切れてしまったと言われます。

大至急で必要だと伝えると、材料を持ってくるよう言われます。

まずはミルク10個、緑ハーブ100個、ゼロピー50個、空きビン5個をもってラクダ牧場にいるサラマンのところに会いに行くよう言われます。

ラクダ牧場のサラマンに会いに行くと、カメレオン石鹸を作るには銀砂ラクダのウ〇チが必要のようです。銀砂ラクダのウン〇は薬などでも使われており、普通のラクダとは違い絶滅危惧種であるようです。

今日の食事は終わってしまったようで、ウ〇チを出すためには食欲促進剤が必要だと言われます。

材料は化け物の餌5個まだ熟していないリンゴ1個黄ポーション1個空きビン1個です。

持っていくと食欲促進剤を作ってくれます。

食欲促進剤は銀砂ラクダのみが食べるので北に行ったところにいるラクダに食べさせてくるよう言われます。

北にラクダがたくさんいるので食欲促進剤を食べさせようとしますがどのラクダも食べてくれません。

サラマンに事情を話に行くと、牧場の職員が首輪をするのを忘れて柵にいれ、逃げられてしまったようです。銀砂ラクダはとても貴重なので探してきて欲しいと頼まれます。

探しに行きましょう。

銀砂ラクダはペインスの街の下のmapにいます。

敵Mobもそこそこ強い中で会話ウィンドウを進めるので気をつけましょう。

食欲促進剤を食べると食事をしてくれます。食事は「緑ハーブ20個」「ゼロピー10個」「ミルク2個」で食べさせてガチャをすることになります。

成功するとこのように〇ンチを出してくれます。

失敗するといもを出します。

1回ごとに「緑ハーブ20個」「ゼロピー10個」「ミルク2個」を消費します。

普段は10回くらいでウン〇が5個集まるのですが、今回ははずれのいもばかりで26回やるはめになりました。

ゼロピーはウンバラで手に入り、ミルクもNPCから手に入れられますが、緑ハーブは自分で集めるか、露店で買わなければなりません。

さらに、これでラクダがいもばかり出すと辛い目にあいます。

これぞ二つの意味でのクソガチャ・・・

次に進みましょう。

何とか5つ集まったので、サラマンにラクダの場所を教え、アイボリのところに行き石鹸を作ってもらいましょう。

材料を渡すとカメレオン石鹸を作ってもらえます。

ロックラックのとこに持っていくと、カメレオン石鹸を錠前の鍵穴に流し込み、石鹸が固まったらそれを取り出して持ってくるよう言われます。

錠前の型を取りに行くとケイニーはだいぶ弱っています。

「この場所を見られてしまったら、もう帰すことは出来ない」と言われたようでもう帰ることができない諦めています。

鍵の型を取ったので急いで鍵を作ってもらいに行きましょう。

鍵の型を見せるとロックラックは鍵を取り出して言います。

この鍵はラヘル軍の指示で作った鎖と錠前のマスターキーで、軍隊の中でも限定された目的にしか使用されない特注品だ。この鍵を使い軍隊にとって何か問題があった場合俺が軍に追われることになる。なぜ必要か答えろ!

ロックラックは鍵の持ち主について詳しく知っているようなので包み隠さず事情を話します。

ロックラックは小さいころから目で見たもの耳で聞いたものの構図と原理が分かり、完璧な錠前を作ることができたため、この国のすべての扉や金庫は彼が作っていた。しかし作った本人はその鍵を開けることができるため、いつも苦手な酒をバカな人間の振りをしなければならずうんざりしていた。

ロックラックは自身の話をしてマスターキーと街に帰還するための蝶の羽を渡してくれます。

さぁケイニーを助けに行きましょう。

鍵を使い錠前を開けると長い時間重い鎖を付けられていたためケイニーの足は腫れており、歩けそうにありません。ロックラックからもらった蝶の羽をケイニーに使い街に帰還させます。

ケインのところにいるが、簡単な検査をしたらすぐに退院できる、この恩は絶対忘れないと感謝されます。ところで、妹は街にいる軍人を見るとすごく怖がるようになったと話しています。話の流れからケイニーを捕まえたのはラヘル軍の軍人だと考えられます。

経験値をもらいこれにてクエストは終わりです。

ロックラックのもとに行くと引越しの準備をしています。

ケイニーだけでなく自分自身の心を救ってくれたことに感謝されます。

今回はここまで

それでは!

この話の続きはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました