クエスト:大統領2部 ゼロから始まるRO生活

皆さんごきげんよう。

今回はクエスト:大統領2部について解説していきます。

この話は大統領1部の続きの話です。

なお、当記事はクエストのストーリーについて知ってもらうための解説記事です。

クエストクリアだけを目的としているのであれば、下記サイトがおすすめです。

RAGtime

それでは本編に入っていきましょう。

フィゲル(70,137) シイデ

スタートはフィゲルのシイデに話すところから始まります。

最高のクッキーを作るため材料の貝肉を5つ集めてくるように頼まれます。

同マップ(217,158 209,163 203,166 204,150) 貝

材料は上記の4つの箇所からてにいれることができます。

貝肉を集めてくると、フィゲルの旅館に泊まっているヘリコの話し相手になってほしいと頼まれます。

旅館(107,77)2F ヘリコ

ヘリコに話に行くとプレイヤーの目を見て自分の話とプレイヤーの話をまとめることで結論を出すことができると言い出します。

そのためにオーディン神殿がある島について調べてきて欲しいと頼まれます。

これはクエスト:オーディン神殿を発掘団をクリアしている必要があります。

クエストを終わらせると傭兵についての話が聞きます。

現在の世界はガーディアンという生体機械を使い重要施設の保護を行っているが以前は傭兵を雇いその仕事を行っていた。レッケンベルがガーディアンを作ったため職を失った傭兵たちは「傭兵反乱」という大規模な活動を行った。しかし暴力的な方法を使ったためシュバルツバルド国民の信頼を失い傭兵はいなくなってしまった。

その際にバルムントもガーディアンと傭兵の争いに巻き込まれどこかへ消えてしまった。

バルムントの研究資料も全て無くなってしまった。

研究資料がどうして亡くなったか調べるために、傭兵反乱についての記事を書いた人を探し出して欲しい。

リヒタルゼンの建物(53,85) エンキュロ・カスン

リヒタルゼンの新聞記者のエンキュロにお酒と引き換えで傭兵反乱についての内容を聞くことができます。お酒はモロクの酒場で購入することができます。

傭兵反乱の生存者のウィンチル・トゥロニの子孫がフィゲルに住んでる情報をつかみます。

フィゲルの建物(153,216) 入り口の少女

フィゲルに行き少女にウィンチル・トゥロニの居場所を確認するとこの少女のその人であることが分かります。話を聞くと少女の父親が戦いで負傷し引退したようです。父親はもう亡くなってしまったようですが、手掛かりとなる本棚が残っているようなので、読ませてもらいます。

同建物2F 本棚

本棚を調べるとガーディアンが作られてからの日記が見つかります。

ガーディアンが作られてから、傭兵の居場所が少しずつなくなっていったこと、誤作動したガーディアンが傭兵団を殺害したこと、レッケンベルはそのことをもみ消したことが書かれています。

これによって傭兵団は結束し、ガーディアンの格納庫を破壊して回った。

しかし、レッケンベルのガーディアンによる反撃により傭兵団は敗北した。

傭兵団はガーディアンの運用に反対しているバルムントの邸に逃げ込んだ。

傭兵団の対象がシュバルツバルド共和国に停戦協定の手紙を送ったが「どんな投降及び降参も認めない」と返答を受け傭兵団は最後の戦いに挑んだ。

結果は惨敗で戦いの中でバルムントはどこかに消え、研究資料も全て奪われてしまった。

本を書いた傭兵は片腕を失いながらも命からがらフィゲルに逃げ延びたことが書かれています。

ヘリコに研究資料は全てレッケンベルが回収したことを伝えます。

ヘリコはバルムントの助手として疑似ユミルの心臓の開発を行っており、疑似ユミルの心臓の力により実現した一つがガーディアンだった。

しかしバルムントは自分の研究が軍事利用されることを悲しみ研究所を去ったようです。

バルムントを失ったことにより、いくつものプロジェクトが凍結し、苛立ったレッケンベルは手段を選ばず成果を上げるよう迫られ、ヘリコも研究所を去ったようです。

ヘリコが去った後に生体工学研究所が作られた話を聞き、レゲンシュルム研究所の崩壊のため、研究資料を盗み出すよう頼まれます。

レッケンベル本社地下の一番奥の部屋 研究記録

プレイヤーは研究記録を盗み出します。

盗み出した研究資料から生体工学研究所の2Fが実験の中心部でマインボトルを使い生体実験機器を爆破するよう頼まれます。

アインベフ(208,124) マインボトル業者

マインボトルはアインベフでマインボトル業者から買うことができます。

生体工学研究所2F(244,226) 原子変換機器

プレイヤーは研究所の原子変換機器を爆破します。

成果を報告すると、ヘリコは今後は囚人の腕輪について調べていくようで、囚人の腕輪と引き換えに料理アイテムと交換してくれるようになります。

今後レッケンベルを変えていくためにはもっと大きな協力者が必要だというヘリコにシュバルツバルド共和国の大統領を推薦します。

レッケンベルの研究資料を大統領に渡すように頼まれます。

大統領に今まで行ったことを報告し研究資料を渡すと、元気を取り戻し、もう一度シュバルツバルドのために戦うことを決意します。

これにて大統領2部は終了です。

今回はここまで

それでは!

前の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました