RO クエスト,イベント

RO クエスト,イベント

クエスト:テラグローリア 前編 ゼロから始まるRO生活 

犯人はブルノーというようでリヒタルゼンに逃げたことがわかりました。 居場所が分かったので、スキアネリウス(以降スキア)とネリウス家の護衛騎士のクルックスと一緒にリヒタルゼンに行くことになります。 会話を進めるとリヒタルゼンの空港に移動します。
RO クエスト,イベント

クエスト:異世界 ゼロから始まるRO生活

今回はクエスト:異世界について紹介します。 このクエストは異世界に行くための必須クエストとなります。異世界にしかないメモリアルダンジョン(MD)や異世界クエを前提としたlv160~175向けのレベル上げを目的としたMDがあるため、メインのキャラは異世界クエをクリアすることになります。 またルーンミッドガッツ王国、シュバルツバルド共和国、アルナベルツ教国の三国がかかわるクエで各国の思惑や裏事情等の世界観を知ることができるクエストです。ROの世界観を知ることによって、各クエストの面白さが分かってきます。 会話を飛ばして内容を覚えていない方でも楽しめるようクエストをこなしていきます。
RO クエスト,イベント

イベント:スケルタル・マッスルのムキムキブートキャンプ part2 ゼロから始まるRO生活 

次はラクテート・レイドバトルです。これはジムにいるカウンターの真ん中のNPCに話しかけると参加できますが、時間限定イベントです。ゲームを行っているとレイドバトル開始の放送があります。 こちらはモンスターを倒しながら最終的にレイドボスと呼ばれるイベントのボスを倒すのが目的です。 この放送が流れたらイベントに参加することができます。
RO クエスト,イベント

イベント:スケルタル・マッスルのムキムキブートキャンプ part1 ゼロから始まるRO生活 

イベント会場についたら上半身全裸のわいせつ物 スケルタル・マッスルに話しかけることで登録ができます。登録を行うとイベントで使用する[衣装]マッスル帽とプロテイン・ケース(150食)がもらえます。プロテイン・ケースはイベントアイテムの3%剤です。 3%剤は名前のごとくHP、SPが3パーセント回復する消費アイテムです。期間限定ですが、イベントのポイントや収集品などと交換することによってもらえることが多いです。簡単にたくさん交換でき、非常に高い効果があるため、イベント中はぜひ3パー剤を活用してイベントやMDなどに参加しましょう。 さて、このイベントは3種類あり、カウンターにいる3人のNPCに話しかけると遊ぶことができます。
RO クエスト,イベント

イベント:ミミミのミッションマスター ゼロから始まるRO生活 

こちらではイベント:ミミミのミッションマスターについて説明します。 このイベントは不定期に行われ、レベルを短期間に大幅に上げることのできるイベントです。もらえるアイテムもとても便利なアイテムが多く、古参と新規プレイヤーとのレベルギャップを埋めるためのイベントでもあります。 イベントはキャラスロットが増えた際などによく行われます。 内容としてはNPCのミミミが出すミッションをこなすことで経験値とアイテムがもらえるという内容です。
RO クエスト,イベント

クエスト:生命倫理 ゼロから始まるRO生活 

部屋のお掃除をしてくれるペットが欲しい未夜ちゃんです。 さて今回はホムンクルスについて説明します。 ROでは基本的に戦いはプレイヤー自信がするのですが、ホムンクルスという代わりに敵を攻撃したり、補助のスキルを使ってくれるペットを召喚できる職業があります。 それがアルケミストなのです! しかし、前提として生命倫理のスキルを取得しなければ、ホムンクルスを召喚するスキルが取得できません。 今回は生命倫理の取得クエストについて説明します。
RO クエスト,イベント

第0章その6 クエスト:猫たちの定期集会 ゼロから始まるRO生活

船に入って階段を降りたところにマラン島のトーマス村長がいます。このNPCに話しかけることでクエを開始できます。転生前または転生後60レベル以上でないと話しかけることができません。このクエをこなしておくことで転生後のレベル上げもすごく楽になるので、転生前にクリアしておきましょう。 トーマス村長に話しかけると、定期集会が行われているので参加してくるよう言われます。
RO クエスト,イベント

クエスト:クジラ島をたずねて ゼロから始まるRO生活

ストーリー 地方都市モスコビアについて冒険者はモスコビアの住人から、モスコビアの伝説となっている動く島を見つけたという情報を聞く。 しかし船を持っているイワノフに頼んでも貸してくれないとのこと。 プレイヤーはイワノフにもとに行くと、イワノフは冒険の自慢話を話す。 同じ冒険者同士意気投合したのか、話が盛り上がる。 話が終わるとイワノフは満足し困ったことがあれば何でも頼んでくれと言われるので、動く島に行ってみたいので船を貸して欲しいと頼むとイワノフは喜んで貸してくれる。 船を使って沖に出ると、突然大きな衝撃と共に海へ投げ出される。 気が付くと、ある島に流されていた。近くの老人に島について尋ねると、ここはクジラ島という島の上で老人が弾くグスリに反応してクジラが移動することがわかる。 クジラ島を移動し、プレイヤーをモスコビアの島に送ってもらうと、イワノフから国王のチャール・アレクセイ3世に伝えれば、褒賞がもらえるかもしれないと言われ、国王の元に行くことになる。 国王に話すと老人が持っているグスリはモスコビアの歴史上で使われていた楽器で今は使われておらず、他国からきたプレイヤーが知るわけがない大臣が助言する。 国王はプレイヤーにグスリを持ってこなければ罰に処すと命を下す。 再度プレイヤーはクジラ島に行き事情を話すと老人はグスリを作ってくれ、楽器の弾き方も教えてもらう。 王宮に行きグスリを見せて、演奏することで国王は感動し褒美をもらう。
タイトルとURLをコピーしました