配当

マネーリテラシー

未夜の株式講座 part15-2 銘柄選定方法2

(1)配当利回り3.75%以上 (2)PBRが0.5~1.5% (3)配当政策がわかりやすく配当実績があること (4)配当継続力が高いこと (5)売上高が長期的に上昇トレンドであること(上昇率は不問) (6)売上高営業利益率が10%以上であること (7)1株当たりの純利益及び1株当たりの純資産が長期的に上昇トレンド(上昇率は不問) (8)自己資本比率が50%以上  (9)流動比率200%以上 (10)総資産に占める現金の割合が高く長期的に上昇傾向
マネーリテラシー

未夜の株式講座 part15-1 銘柄選定方法

(1)配当利回り3.75%以上 (2)PBRが0.5~1.5% (3)配当政策がわかりやすく配当実績があること (4)配当継続力が高いこと (5)売上高が長期的に上昇トレンドであること(上昇率は不問) (6)売上高営業利益率が10%以上であること (7)1株当たりの純利益及び1株当たりの純資産が長期的に上昇トレンド(上昇率は不問) (8)自己資本比率が50%以上  (9)流動比率200%以上 (10)総資産に占める現金の割合が高く長期的に上昇傾向
マネーリテラシー

未夜の株式講座 part14 申告分離課税と総合課税について

株式講座の解説をします未夜と申します。 今回は株に係る税金について説明していきたいと思います。 私のサイトでは高配当株投資をすることを進めています。高配当投資は株式の投資額に対して配当額が3.75%以上の投資商品を購入し、配当金で総資産を増やそうという目的の投資です。投資に掛ける資産が多くなればなるほど配当金が増えますが、株に掛けられる税金を減らすことによってもらえる配当額を増やすことができます。 ということで今回の題名でもある申告分離課税と総合課税のお話につながります。 まず、株を購入する際に特定口座か一般口座を開設することになります。 特定口座は、取引で利益を得るたびに自動的に利益に対して課税され、取引で損失があれば、損失と利益を合算した課税額になるよう取りすぎた税金を返すという、税金面の対応を自動的に行ってくれる講座です。
マネーリテラシー

未夜の株式講座 part9 高配当株投資の方法

まず高配当株投資とは配当額が高い株式を購入することによって毎年定期的に収入を得る投資方法です。高配当株の明確な定義はありませんが、このサイトでは株価に対して、配当が3.75%を超えるものを高配当株として考えていきます。 しかし高配当株といっても配当の割合が高いものをただ選ぶではいけません。いま配当が高くても景気に対し影響を受けやすいものであれば減配や無配、最悪の場合は、株式が上場廃止することによって、投資額をまるごと持っていかれるという悲しいことになります。それを防ぐために以下の2点に気を付けて買う必要があります。 1 株式を分散して購入する。 2 有価証券報告書など株式の状況を確認する。 今回は1と2について説明します。 1 株式を分散して購入する。
マネーリテラシー

未夜の株式講座 part5 有価証券報告書を見よう!

株式講座の解説をします未夜と申します。 今回は長期投資する際に見ておかなければならない資料「有価証券報告書」について説明します。 有価証券報告書は、株式などを発行している上場企業が、自社の企業概況や経営状況をまとめた書類のことです。有価証券報告書は、金融商品取引法第24条によって、事業年度終了後3カ月以内に内閣総理大臣へ書類を提出することが義務となっています。この内容は一般の人でも見ることができ、金融庁のEDINET(エディネット)で見ることができます。 また株式会社のIR情報の項目から、EDINETで見ることができない過去の有価証券報告書についても見ることができます。
マネーリテラシー

未夜の株式講座 part4 投資手法

皆さまごきげんよう。 株式講座の解説をします未夜と申します。 さて、株の投資方法は短期間でお金を稼ぎたい、長期的にお金を稼ぎたいといった目的によって投資手法が異なってきます。 今回は投資手法について説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました