MD:ホラーおもちゃ工場  ゼロから始まるRO生活

皆さんごきげんよう。

今回はMD:ホラーおもちゃ工場について解説します。

MDの開き方、入場条件

ルティエ北東のキャサリンゼータ(237,303)から入場

BaseLV110以上で入場可能

前提クエストなし

装備、注意事項

今回攻略するにあたって装備は以下の通りとなります。

道中

頭上段 +8試験管のヘアバンドor+7金牛宮のダイアデム【グリード用】

頭中段 熾天使の花冠

頭下段 くわえた線香花火(エンチャント4:アルカナ)

服   +7金牛宮のメイル(マルクカード)

武器  +7金牛宮のソード(法王のカード)
盾   ヴァルキリーシールド(カーリッツバーグカード)

肩   +7金牛宮のマント

靴   金牛宮のシューズ

アクセ1 金牛宮のリング

アクセ2 国王シュミッツの白雲記章(エンチャ3:光速、エンチャ4:LUK+10)

注意

衣装を着替えずに道中を進むとおもちゃ工場警備が出現するので、着替えを忘れないようにしましょう。また、変身後のキャラは座る状態のとき見た目が変わりません。道中動けなくなたと思ったら、右側の状態表示で確認可能です。

道中は悪魔モンスターが多いため悪魔の3減盾が有効です。

また、怪奇な装飾ツリーはノックバックを伴う攻撃を受けると、サンダーストームを使用する。PTで戦うときなどは注意しましょう。

対 セリーヌ・キミ、キミの幻影

頭上段 +8試験管のヘアバンド

頭中段 熾天使の花冠

頭下段 くわえた線香花火(エンチャント4:アルカナ)

服   +9紫糸威胴丸(イビルドルイドカード)

武器  +9ローラの鎖鉄球(パワフルAスケルトンカード×3、エンチャ4:強撃4)
盾   +8アイアンシールド(アリスカード)

肩   +4エスランのシャツ(デビルリングカード)

靴   +7試験管ブーツ

アクセ1 金牛宮のリング

アクセ2 国王シュミッツの白雲記章(エンチャ3:光速、エンチャ4:LUK+10)

注意

1体のみに攻撃を与えると回復されてしまうため、2体当時にダメージを与える必要があります。

闇属性、無属性攻撃が痛い、特にラッシュアタック(爆裂)時のSpP(スパイラルピアース)は対策なしだとダメージが5万を超えます。

ノックバックバック攻撃も頻繁に飛んでくるため、壁を背にして戦うか、ノックバック耐性を取って戦うと有利です。

ストーリー

 物語は顔だけがガイコツになってしまった、キャサリンゼータに話しかけるところから始まる。

プレイヤーが理由を尋ねると、彼女は以前、あるおもちゃ工場で仕事をしていたが、経営がうまくいかず、従業員が一人、また一人と辞めていってしまった。

最後に残ったのは、人形職人である彼女のお爺さんとその弟子の彼女だった。

人形職人のお爺さんはもう二度と人形を作れないことを悲しみながら、最後の人形「セリーヌ・キミ」を作った。人形職人が思いを込めて作った人形は最高傑作となるような出来だった。

あるとき人形であるセリーヌ・キミが歩き回っているのを見かけた。

不思議に思った彼女はあとをつけるとその先では、冷たくなった人形職人のお爺さんが椅子に座っていた。驚いて駆け寄ったが、お爺さんの背後にいるセリーヌ・キミを見るとともに恐ろしさで気を失ってしまった。

気づくと、現在のような顔だけがガイコツの姿になってしまった。

キャサリンゼータはプレイヤーに、そのとき何があったか調べたいと助けを求める。

 プレイヤーと共におもちゃ工場に入ると工場内は以前工場で働いていた作業員に模した人形たちが仕事をしている。

プレイヤーは変装して調査を開始する。

工場内のおもちゃの作業員から話を聞くと、人形職人の爺さんは以前から病気だった。最後の人形のセリーヌ・キミを作り終え、人形に命が宿るとともに息を引き取った。また、セリーヌ・キミは記憶のメモリが誰かに改ざんされた形跡があり、お爺さんは自分の顔を見てショック死したと思い込んでいるということが分かる。

さらに工場内を調べていくと、休憩室でセリーヌ・キミがいることが分かる。

セリーヌ・キミの元へ行き、プレイヤーたちは話を聞こうとする。しかし、「プレイヤーたちはセリーヌ・キミを陥れようやってきた」キミの幻影が吹き込みます。弁解を行うが説得は失敗し戦闘となる。

戦闘に勝利しますが、「また、ここに戻ってくる」と言い残しセリーヌ・キミは消える。

道中モンスターステータス

MD ボス ステータス

セリーヌ・キミ、キミの幻影が同時に現れ、片方のみを攻撃するとHPの差が100k以上になった際、HPが多い方に合わせるように回復する。

攻略動画

ホラーおもちゃ工場(セリーヌ・キミ)【ラグナロクオンライン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました