首都 ラヘル(アルナベルツ教国) ゼロから始まるRO生活 

今回はアルナベルツ教国 首都 ラヘルについて紹介します。

首都 ラヘル

<公式>

女神フレイヤを崇めるアルナベルツ教国の首都「ラヘル」。アルナベルツ教国は、シュバルツバルド共和国リヒタルゼンの西にあり、その国土のほとんどが広大な荒地だ。この国には、空気すら砂の味がする砂漠が広がり、遊牧民の牧草地が点在し、その中で、首都ラヘルだけが緑に覆われている。遊牧民の土地だったこの半島は人の手が届かぬ秘境ともいえる地域だったが、約千年前、内乱(ルーンミッドガッツが言うには)から逃げて来た人々が移住し、飛躍的な発展を遂げた。高度な錬金術と実現に向けて現状に耐える意志が荒地に水を湛える街を作り上げたのだ。今のラヘルは、過去のそんな歴史を感じさせないくらいに安穏としている…。

公式の通りこの国はアルナベルツ教国の首都でラヘルの北map全体がセスルムニル神殿になっています。女神フレイヤを信仰する神殿のため公式ではフレイヤ大神殿と呼んでいます。

宗教の力がとても強い国だと分かりますね。

前述の通りこの国では女神フレイヤを信仰しており、白い髪、白い肌、左右で色の違う瞳をフレイヤの化身として国の頂点である教皇として祀っています。

さてラヘルでは真昼の弦月というMDがあります。

こちらではアルナベルツ教国の教皇の夢の中に入ることができ、教皇の兄妹について知ることができるのできます。

ラヘルから始まるユミルの心臓の物語はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました