クエスト:守護者 ゼロから始まるRO生活 

皆さんごきげんよう。

今回はクエスト:守護者について解説します。

このクエストは異世界のボス、ニーズヘッグの影を倒すMDに入るためのクエストです。

それでは、本編に入っていきましょう。

スプレンディッドフィールド01(375,109) 巨大な木の根 

まずは守護者の門に行く必要があります。

前回の二つの種族のクエストをクリアしていると、巨大な木の根を調べた時守護者の門へ進むという選択肢が現れるのでそちらを選びましょう。

守護者の門への道は一直線ですが途中機会を操作しできた足場を通る必要があります。

上の図のように足場にエフェクトが現れているのでそちらを目印に進みましょう。

足を踏み外すとモンスターのいるマップに送られてしまいます。

イグドラシル中心部2(100,201) 守護者の門

洞窟の最奥部の守護者の門を調べようとすると何らかの力によって押し返されてしまいます。

どうやらこの門の奥に何かが隠されていると感じたプレイヤーはミッドガルド連合軍司令官のアジフに相談することにします。

ミッドガルド連合駐屯地の連合軍本部(215,247) 司令官アジフ

アジフに洞窟の最奥部で見た者を伝えるとルーンミッドガッツから来たマグニファという歴史学者がその遺跡を調べており、力になってくれると助言をもらいます。

ミッドガルド連合駐屯地(271,299) 歴史学者 マグニファ

マグニファに話を聞きに行くと洞窟がイグドラシルの中心部へつながる入り口だと考えている。イグドラシルを守護するラフィネ族が洞窟を警護しているという情報を聞きます。

調査員に詳細な調査をさせ報告書を提出させたようですが助手のナオミが報告書を持って行ってしまったようです。

プロンテラの図書館にいるそうなので行ってみましょう。

プロンテラの図書館(120,267) ナオミ

プロンテラの図書館にいるナオミに会いに行くと大量の本が回りに散らばっています。本を探すため大量の本を出したようです。とりあえず片付けるのを手伝いましょう。

片付け終わり報告書について聞くとやはりナオミが持っていたようです。

報告書と見つけた本をマグニファに渡すよう頼まれます。

ミッドガルド連合駐屯地(271,299) 歴史学者 マグニファ

報告書を渡し内容を確認すると、調査員の調査結果からスプレンディッドとマヌクから洞窟の情報を聞き出せたという話を聞きます。

ここでラフィネ族とサファ族どちらからかと話すことになります。

今回はラフィネ族と話すことにします。

スプレンディッドは兵士が洞窟について不満層に何か言っていたようです。

スプレンディッドに行って兵士に話を聞きましょう。

スプレンディッド(198,178) 兵士

話を聞く少し前に見つかった洞窟に誰も近づけさせないよう警護を行っているが、なんでそんなことをしているか分からず、命を懸けて任務を遂行しているのに隠し事をされているのが不満なようです。

司令官のレビオルディルは何か知っているようだと話を聞くので聞きに行ってみましょう。

スプレンディッドの建物(197,193) レビオルディル

レビオルディルに話を聞きに行くと洞窟には近づくな近づいたらラフィネ族と人間の友好関係に支障が生じると言われ、何も教えてもらえません。

一度状況をマグニファに報告しに行きましょう。

ミッドガルド連合駐屯地(271,299) 歴史学者 マグニファ

マグニファに話を伝えると司令官のアジフに意見を聞いてみるよう助言を受けます。

ミッドガルド連合駐屯地の連合軍本部(215,247) 司令官アジフ

アジフに状況を伝えると、ラフィネ族とサファ族の二つの種族が交戦状態であることを利用しようと意見が出ます。つまり、連合軍から正式に調査協力を要請し、もし調査協力を断るならばもう一方の種族と同盟を結ぶと、また2つの種族は戦争状態のため互い状況が分からないことから二つの種族に調査協力を要請することにします。

今回プレイヤーはラフィネ族と交渉することになりました。

スプレンディッドの建物(197,193) レビオルディル

レビオルディルに人間の代表としてラフィネ族に洞窟の調査を依頼します。

最初は「人間側の処分について考える」と強固な態度ですがサファ族と手を組むことを伝えると、態度が一変し、調査によって分かったことは全て共有することと引き換えに、洞窟の調査を許可してもらえます。

詳しい話はすぐ隣のアリオスに聞くよう言われます。

スプレンディッドの建物(197,193) アリオス

アリエスに話を聞くと、あの洞窟はイグドラシルの中心部につながり、そこには守護者ニーズヘッグがいるようです。ニーズヘッグには使従がおりアリオスもその一人のようです。

守護者の門に行き大使従イグドラシルリアドから話を聞くよう言われ、守護者の門と接触できる呪文を教えてもらいます。

イグドラシル最奥部

守護者の門に行き呪文を唱えると、イグドラシルリアドの声が聞こえていきます。

「ここにはニーズヘッグは・・・

もう・・・いない・・・

残されたのは邪悪な龍・・・影・・・

私も・・・

・・・肉体を消されて・・・

とらわれている・・・」

中で何か起こっているようです。イグドラシルリアドと会話したことにより守護者の門の入り方が分かるようになります。

ここからはMDとなります。

MDに入り奥に進むとイグドラシルリアドがいます。肉体はなくなり、魂だけが捕らわれている存在のようで、ラフィネ族がイグドラシルリアドが無事であるように呪いが掛けられているようです。

どうやらプレイヤーはラフィネ族ではなかったため呪いが効かなかったようです。

守護者のニーズヘッグはどこかへ消えてしまい、ニーズヘッグの邪悪な意志のみが具現化したニーズヘッグの影がこの場所を支配しているようです。

話を聞くと、イグドラシルが衰弱している原因はニーズヘッグ影が原因でサファ族は何も悪くないことが分かります。

ニーズヘッグを倒すことを伝えるとイグドラシルリアドが関門を開けてくれるようです。

MDの最奥部まで行くとニーズヘッグの影がいます。

何とか倒すとイグドラシルリアドが現れ、正式な使従として認めてもらえ今後守護者の門を自由に出入りできるようになります。

ニーズヘッグの影は完全には消滅していないため、力を取り戻す前にラフィネ族とサファ族の長にこの状況を伝えるようお願いされます。

今回はラフィネ族と手を組んでいるのでレビオルディルに報告しましょう。

スプレンディッドの建物(197,193) レビオルディル

守護者の門の中で見た状況をレビオルディルに伝えると、酷く動揺し今回のことを本国に伝えれば大混乱が起きるため秘密にしておいて欲しいと頼まれます。

スプレンディッドの建物(197,193) アリオス

アリオスに話しかけると今回の調査の報酬としてスプレンディッドコイン100枚をもらえます。

これでクエストは終了です。

前の記事

トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました