L.v.ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第4番 イ短調 作品23 春 アナリーゼ(楽音分析)

音楽解説

このコーナーはクラッシック音楽ができた背景や作者について解説します。

この記事を読むと以下の役に立ちます。

・クラシックについて豆知識を覚えられる

・周りからクラシックについて知っているんだなと思ってもらえる

・音楽を知っているだけでなく、作品の背景や作者の小話も話すことができ、ほんの少し人生が豊かになる

こういった音楽作品について学ぶことをアナリーゼと呼びます。

 

この記事では作品:ヴァイオリンソナタ第4番 イ短調 作品23 春について解説します。

 

作品の解説

この曲は、ベートーヴェンの友人であり、数多くの芸術家のスポンサーだったモーリッツ・フォン・フライ伯の依頼によって作られたと言われています。

 
彼は30歳ごろから、当時のハプスブルグ帝国内で最も裕福な銀行家だったフライ伯の邸宅で数多くの演奏会を開いていて、その過程で、2曲の対照的なヴァイオリンソナタの作曲を依頼されました。
 

一つは暗い雰囲気を持つ短調の「ヴァイオリンソナタ 第4番 イ短調 作品23」
 

もう一つが明るく華やかな長調の「ヴァイオリンソナタ 第5番 ヘ長調 作品24」 この曲「春」です。

 

ベートーヴェンは自分の楽曲に、サブタイトルをつけるのを好みませんでした。
 

「音楽は音楽でしか表現できないことのために作るものであって、言葉は余計だ」.と考えていたようです。
 

しかし、後世の人々によって「春」という愛称で呼ばれています。
 

全部で10曲あるベートーヴェンのヴァイオリンソナタの中でも、有名で人気の曲となっています。
 

ヴァイオリンソナタとしては5番目で、全10曲のうちのちょうど半分の作品ではありますが、この曲はベートーヴェンが30~31歳の頃に書いたものです。
 

20代までは、「即興もこなすピアニスト」としての活動がメインだったベートーヴェンにとっては、初期作品の一つでもあります。

 

ヴァイオリンソナタという分野は、ベートーヴェンの時代のすぐ直前まで、事実上「ヴァイオリンの助奏つきピアノソナタ」というものが多く見られました。
 

鍵盤楽器のピアノのほうが主役で、ヴァイオリンが脇役としてそれに絡む というスタイルでした。
 

しかし、彼はこの作品でヴァイオリンの重要度を増す工夫をしており、ヴァイオリンの魅力を存分に発揮させています。
 

ヴァイオリンが軽やかかつさわやかな旋律を紡いでいく、まさに「春」という言葉が似合う作品になっています。

 

解説付きクラシック動画

動画にもしているのでこちらでもどうぞ

 

音声あり

L.v.ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第4番 イ短調 作品23 春 音声あり 未夜先生のアナリーゼ

 

音声なし

L.v.ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第4番 イ短調 作品23 春 音声なし 未夜先生のアナリーゼ

 

 

こんな音楽を弾きたいあなたへ

こんな音楽を弾きたいのであれば良い指導者のもとで練習あるのみです。

おすすめをいくつか紹介するので参考にしてください。

  

椿音楽教室

東京都内であればこちらがおすすめです。

1曲だけ引きたいというニーズにも対応しているため自分に合った受講ができます。

現在はオンラインレッスンも対応しています。

 

椿音楽教室

 

シアーミュージック

こちらは全国に教室があり、マンツーマンで教えてもらえる点が魅力です。

音楽は教えてもらう先生によって上達の速度が大きく変わります。

相性の良い先生から教わって一気に上達しましょう。

 

シアーミュージックの無料体験レッスン申込はこちら

 

独学でやりたいかたにおすすめ

こちらは独学向けの方におすすめです。

初心者がピアノをマスターするのを目的に作っており、自分に合ったペースで練習できます。

 

30日でマスターするピアノ教本

次の記事

前の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました