F.F.ショパン エチュード 作品10-3 別れの曲 アナリーゼ(楽音分析)

音楽解説

このコーナーはクラッシック音楽ができた背景や作者について解説します。

この記事を読むと以下の役に立ちます。

・クラシックについて豆知識を覚えられる

・周りからクラシックについて知っているんだなと思ってもらえる

・音楽を知っているだけでなく、作品の背景や作者の小話も話すことができ、ほんの少し人生が豊かになる

こういった音楽作品について学ぶことをアナリーゼと呼びます。

 

この記事では作品:エチュード 作品10-3 別れの曲について解説します。

 

作品の解説

この曲は、ショパンのエチュード(練習曲)集の一つで、日本では「別れの曲」の名で親しまれています。

 
これは、1934年にショパンの生涯を描いたドイツ映画「別れの曲」でこの曲が使われていたためです。

 
映画のタイトルがそのまま曲名として定着しました。
 

冒頭の旋律は特に有名で、誰もが一度は聴いたことがあると思います。

 

「別れの曲」が作曲されたのは1832年でショパンが22歳の時だと言われています。
 

この頃のショパンは故郷ポーランドを離れ、パリへと拠点を移しています。
 

「パリでの成功を夢見る心情」と「故郷を懐かしむ心情」の中で作られた作品です。
ショパンの練習曲はただのテクニックの習得の曲ではなく、美しく芸術的な作品と言われています。
 

この曲はその中でも突出して美しい作品で、ショパン自身も「これ以上美しい旋律を作ったことはない」と語っているほどの作品です。

 

難易度

 

楽譜

 

 

解説付きクラシック動画

動画にもしているのでこちらでもどうぞ

 

音声あり

F.F.ショパン エチュード 作品10-3 別れの曲 音声あり 未夜先生のアナリーゼ

 

音声なし

F.F.ショパン エチュード 作品10-3 別れの曲 音声なし 未夜先生のアナリーゼ

 

 

こんな音楽をピアノで弾きたいあなたへ

ピアノを弾きたいのであれば良い指導者のもとで練習あるのみです。

おすすめをいくつか紹介するので参考にしてください。

  

椿音楽教室

東京都内であればこちらがおすすめです。

1曲だけ引きたいというニーズにも対応しているため自分に合った受講ができます。

現在はオンラインレッスンも対応しています。

 

椿音楽教室

 

シアーミュージック

こちらは全国に教室があり、マンツーマンで教えてもらえる点が魅力です。

音楽は教えてもらう先生によって上達の速度が大きく変わります。

相性の良い先生から教わって一気に上達しましょう。

 

シアーミュージックの無料体験レッスン申込はこちら

 

独学でやりたいかたにおすすめ

こちらは独学向けの方におすすめです。

初心者がピアノをマスターするのを目的に作っており、自分に合ったペースで練習できます。

 

30日でマスターするピアノ教本

次の記事

前の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました