未夜の金融講座

ごきげんよう

今回から金融講座を担当させていただきます、未夜と申します。

ここでは、どんなことを頑張ればお金持ちになれるのか、さまざまな情報を基に分析していきたいと思います。

第1回はお金持ちとはなにかについて記載します。

野村総合研究所が2018年に発出した資料では金融資産の合計額から負債を引いた額が

5億円以上を超富裕層

1億以上5億未満を富裕層

5000万以上1億未満を準富裕層

3000万以上5000万をアッパーマス層

3000万以下をマス(大衆)層

と分類しているようです。

参考文献

https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2018/181218_1.pdf

お金持ちである富裕層以上になるためには1億以上の資産を持つ必要があります。

さて次はこれだけの資産を貯める方法について考えましょう。

一般的にお金を貯める方法は

1 労働力を使って給料などでお金を稼ぐ

2 節約や無駄な浪費を控え支出を減らすことで、支出を減らす

3 持っている資産を活用して、不動産、株式、債券の配当など、お金に働かせる

稼ぐ、貯金額を増やす、お金に働かせる、この3点を使いこなすことでお金持ちに近づけると考えられます。

以下ではこの3点の方法についてまとめていきます。

1 稼ぐ

稼ぐ方法は働くこと一択です。しかし1時間に1000円稼ぐ人と1時間に1万円稼ぐ人が同じ時間働いたら差は歴然です。良い職場で効率よく働けるような就職活動、資格取得についての知識を記載しています。

2 支出を減らす

支出を減らすためには節約をすること、詐欺やぼったくりにより浪費しないよう気を付ける必要があります。ここではその方法について説明します。

節約といっても電気代を安くするため、冷暖房を付けない、ご飯を1日1食にするといった、生活水準を下げるような節約方法ではありません。

人生の5大支出について把握してもらい、支出の中で不必要な部分、業者によってぼったくられるお金を知識によって守り、大きな支出を避けることをメインで説明しています。

3 お金に働かせる

お金に働かせる方法としていろいろありますが、私が行っている株式についてまとめていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました